本文へ移動

今日の一言

今日の一言。

RSS(別ウィンドウで開きます) 

「エール」の血液型。

2020-10-16
 「A型」でした!このまま元気に育ってくれれば、1年後には採血できます。よかった、よかった。それまでは「マブゼ博士」に頑張ってもらいます。エールは、先日の猫エイズと猫白血病の検査の時も今回も頚静脈(首の両脇にある静脈)から採血しましたが、保定(体を押さえること)中もじっと動かず、ガマンしていたので、とってもいいコです!。ご飯の時やお掃除の時に、ケージから出してやります。腎臓病で投薬中のプシュ(11才、去勢オス)と遊ぶのですが、エールの動きが速いので、ついていけないプシュが本気になってバトルをしています。見ていると突然人の足によじ登ってくるのでビックリしますが、爪を出さないので痛くはありません。おりこうさんです!

子猫の名は「エール」。

2020-10-13
 里親さんを探そうと思っていましたが、先週、貧血の猫ちゃんへ輸血をしたとき(供血猫は5才のマブゼ博士です、A型)、次に続くコが必要かも、と思いました。マブゼ博士が一番若いので、このところ、輸血の出番はもっぱらマブゼです。猫の血液型はA型がほとんどで、B型、AB型はかなり少ないです。次に若いのはB型のリアスで7才です。あとは皆10才以上のA型です。お年なので・・・引退。ということで、名前を付けて供血猫として飼うことにしました。朝ドラから名前をいただいて「エール」です。猫エイズと猫白血病の検査は両方陰性でした。今週にも血液型を調べようと思います(検査所に血液を送ります)。今では体重が1kgくらいになり、動くものに飛びかかって、ジャンプして、コケて、目まぐるしく動き回って、スクスク育っています。

子猫の離乳。

2020-09-26
 毎日5~6回の授乳を続け、体重が450gになった時、離乳食(a/d缶)を与えてみました。ところが、全く興味を示しません。仕方がないので、ミルクです。1回に30mlですが、それ以上は嫌がって暴れます。一昨日、体重が600gになりました。いくら何でももう、離乳でしょ、と、夜寝る前に離乳食をお皿にいれておきました。夜中にお腹がすいたのでしょう、朝にはほとんど無くなっていました。よかった、よかった。今朝は体重630gでした。お腹がすくとミャーミャーと哭くので、離乳食と仔猫用のドライフード(とても小さい形)をお皿に入れてやると、ハグハグ食べています。もう大丈夫。本格的に里親さんを探しましょう!

仔猫の成長。

2020-09-12
 8日の朝、玄関前に赤トラのオス仔猫が捨てられていました。すでに乳歯が生えていたので、生後3週間は過ぎています。すぐにミルクと哺乳瓶を買ってきて飲ませました。案の定、人工乳首を受け付けません。歯が生える前なら、何とか受け付けるのですが、ここまで育っていると無理です。仕方がないので、栄養カテーテルを食道へ入れて、シリンジ(注射器)に入れたミルクを2回に分けて、チューっと与えました。初日は15mlにしました。体重は313gでした。
   授乳前後に陰部をティッシュでトントンすると排尿しました。でも、3時間後の授乳時に見ると、寝床にした小さなダンボール箱の横のペットシーツに排尿した後がありました。どうやら寝床を出てトコトコ歩いて排尿し、また寝床へ戻ったようです。エライ!です。
 次の日は体重330g。ミルクを1回20mlにしました。3時間ごと6回授乳しました。10日は体重364g。1回20mlを5回(諸般の事情で)。自分で排便していました。ますますエライ!11日は体重377g。ちょっと増やして1回23ml、6回。自分で排尿、排便。今朝は体重413g。動きが活発になってきて、タオルを相手にころがって遊んでいます。ちょっとカワイイ。体重が450gになったら離乳食開始です。

小学校のふれあい授業へ行ってきました。

2020-09-09
 今年は2か月も休校だったので、ふれあい授業は時間が取れないだろうなあ、と思っていましたが、依頼が来たので行ってきました。事前の打ち合わせで、聴診器を一人一本にしました。使いまわしをせずに済みます。
 受付には非接触型の体温測定機器がありました。那須塩原市が全校に配置したとのこと。これはインフルエンザが流行るこれからにも役立ちそうです。
 1年生はとても元気がよかったです。ウサギを抱っこしたり、心音を聞いたり、いつも通りの授業となりました。絶対ウサギを抱っこできない、と言っていた男の子がいたそうですが、最後は抱っこできたようで、授業後に先生がクラスみんなで喜んだとお話してくださいました。校長先生は、本物のウサギを抱っこして、ぬくもりを感じたり、撫で心地を経験することは何物にも代えがたいとおっしゃっていました。
 貴重な授業時間をとってくださったことに感謝するとともに、「ふれあい」授業の果たす役割の大きさに改めて気づいた1日でした。
やまびこ動物病院
〒329-2806
栃木県那須塩原市横林153-77
TEL.0287-35-4356
FAX.0287-34-1027
TOPへ戻る